-
RSS

送信元: FeedBurner


カテゴリー

イベント
旅行
検索エンジンの供給元:

マイブログ

星のや 軽井沢③

メディテーションバスの建物に入ってみました。
う~ん、入ってすぐから雰囲気があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一番奥には、休憩所(リラックスルーム)があります。
とてもくつろげる雰囲気です。
流れている音楽も、宇宙的なサウンドで深いところに入れそうなものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パウダールームにメディテーションバスの入り方の説明書きがありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1.「味覚」を研ぎ澄ます
浴室手前の給水場で水分補給をしましょう。
星のやで使用している飲料水は野鳥の森の湧水です。
目を閉じ、水の味を噛み締めながら、のどを潤してください。
 
 
2.「触角」を研ぎ澄ます
洗い場で身体を流したら、温泉の水路へ。
温泉は少しぬるめ(39度前後)に設定しています。
柔らかな温泉を肌で感じながら、全身を湯にゆだねてください。
 
3.「視覚」を研ぎ澄ます
水路をつたいながら、まずは「光の部屋」へ。
光の部屋では、水面に揺れる光だけに集中して瞑想をしましょう。
次第に体が光に包まれていき、気力が充実しているご自身を感じてください。
 
 
4.休憩
身体が充分に温まり、額が少し汗ばんできたら、水路を戻って水風呂へ。
水風呂に膝まで浸かり、普通の呼吸で空気をたっぷり吸いながら休憩して
ください。
必要に応じて給水場で水分補給をしましょう。
 
 
5.「聴覚」を研ぎ澄ます
再び水路を進み、一番奥の「闇の部屋」へ。
わずかな光の中で感じられるのはそこにある音だけです。
恐怖や迷いといった心の雑音と向かい合い、ゆっくりと深い瞑想をしましょう。
心に静寂と平穏がおとずれるのを感じてください。
 
 
6.「嗅覚」と研ぎ澄ます
温泉から出たら、給水場で水分を補給し、リラックスルームへ。
ほのかにかおるお香を楽しみながら、汗が引くまでゆったりとお寛ぎください。
 
 
7.お部屋で
その日の湯に浸かっている快適さをイメージしましょう。
大自然の中で体の自然なリズムに任せ、生きている喜びを実感してください。
という、まさに五感を研ぎ澄ます事の大切さについて書かれていました。
階段を4段降りると、「光の部屋」です。
(ちなみにこの写真は翌日の昼間撮ったものです)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
温泉なもので、写真はここまでですが・・・(^_^;)
「闇の部屋」ですが、
私は暗闇恐怖症なので、3秒しかいられませんでした(笑)
わずかな光と書いてありましたが、ほぼ真っ暗でした・・・。
ハッキリ言って怖かったです(電気を消して真っ暗闇では寝れないタイプなので)
でも、暗闇が大丈夫な方は、きっと深い瞑想が出来ると思います。
そういう方にはとてもお勧めできる場所です。
そして、メディテーションバスの後は、リラックスルームでまさにリラックス。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
星のやの素晴らしいところは、椅子もベッドも何もかもがとても快適なのです。
座り心地、寝心地、障り心地が最高でした。
これは、是非、見習いたいものです。
部屋に戻り、寝心地の良いベッドでぐっすり眠り、翌日も又メディテーションバスを楽しみ、部屋を出てフロントに向かいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
フロントがこれまた、素敵なところなんですよ^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とういう感じで、ずっと夢見ていた星のや 軽井沢で「癒し」の2日間を過ごしてきました。
癒しの空間創りの勉強をさせていただきました。
この、心地良い空間創りを、当サロンの参考にさせていただきたいと思います。
 
ヒーラーとしても、学ぶところが沢山ありました。
この2日間で私自身すごくパワーアップさせていただきました。
 
このパワーをサロンに来ていただいた方々に余す事なく流させていただきたいと思います^^
 
どうぞお待ちしております。

星のや 軽井沢③に対する1件のコメント:

コメントRSS
rolex on 2015年3月26日 18:14
A number of issues to watch out for are generally the standard of your product, direct and in many cases stitching, along with the laser engraved company logo.
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment